凝り固まった愛を叫ぶ。

お茶の間にてJ事務所のアイドルを信仰している。NEWS増田君溺愛。

テレ東音楽祭2017を見たよ。

テレ東音楽祭2017年を観たので取り急ぎ大まかな感想を残しておく。但し18時台をしっかり観ていない。早送りで観た。

テレ東さんはオンエアされる地域も限られているので、見られない方の悔しさは大変分かる。自分自身、地方在住で見られない番組も多数ある。変ラボすらオンエアされず、救済してもらうまで見られなかった。

 

長年夜勤の多い不規則勤務に就いていて、休み希望も数に制限があり、2カ月前に締め切られることも普通の生活。夏の大型音楽番組をリアタイしないと直ぐに見返すことが困難になることもしばしば。今の職場はちゃんとした職員用の休憩室も無いため、勤務中はテレビが観られない。夜勤ともなると拘束される約20時間はテレビ無し。

珍しく大型音楽番組の日に夜勤が当たらなかった奇跡が起きた為、ジャニーズやたくさんのアーティストさんが出演する音楽番組のオンエアを楽しみにしていた。

今年もテレ東音楽祭にはNEWSが出演する予定だった。大好きなT.M.Revolution西川貴教さんも出演する。中丸雄一君もソロで出演する。テレ東さんの主演ドラマの主題歌を担当しているから、KAT-TUN充電期間なのに嬉しい歌番組の出演。

 

こんな日に限って珍しく残業になる。入院患者さんが色々ありまして…。そんなもんだ。翌日に控えた夜勤の買い物や、洗濯・夕飯支度など仕事終わりから帰宅して片付けることをしていると18時台はリアルタイムで観ることは出来なかった。事前にタイムテーブルで把握していた幾つかのジャニーズグループや中丸君は見逃した。翌日、録画でざっと確認した。

 

懐かしい系ランキング形式で歌唱と歌唱の間を繋いでいた。カラオケランキング的なものだったのか?(あまり真剣に観ていなかった)

それはそれは懐かしい映像がジャニーズだけでも相当数テレ東さんには眠っているでしょう。テレビ北海道さんが開局するまで地元では観られない番組も多かった。

テレ東さんはこれまでも色々伝説を作ってきている。今年の音楽祭はどんな塩梅なのかゆるく楽しみに観ていた。

 

T.M.Revolutionは夏の歌でハイプレを歌った。ホトリミではなかった。テレ東で西川君を見る不思議な感覚。安定の西川クオリティ歌唱力。声量おばけ。大好き。尊敬しているボーカリスト。やめられない筋トレで年々マッスルボディーに磨きをかけている様子。TLでも鍛えた胸筋に「おっぱいデカイ!!」と並んでいた。

どうでもよい情報だが、西川貴教ファンクラブturboの発足準備号時代からの会員である。長くファンクラブ会員だとプラチナ、ゴールドと会員証の色も変わり座席もある程度優遇される。コンサートでも所謂良席で楽しめる率が上がる。地元では基本10列目以降になることは滅多にないし、最前列率も高い。ジャニーズにはないメリットです。

今年は西川君主催で西川君の誕生日付近で毎年滋賀で行われるロックフェスティバルにKinKi Kids堂本剛君が参加されるので驚いた。とうとうジャニーズも参加してくれるようになったか。私は参加できないけど、テレビでオンエアされたりもしている。西川君の強くて逞しく存在感のあるボーカルが大好き。

 

なんと番組冒頭でKinKi Kids堂本剛君が突発性難聴で入院されたと光一君から報告があった。KinKi Kidsはアニバーサリーイヤーでもあるし、多忙かと思う。そして体調がとても心配です。治療して少しでも回復なされますように。突発性難聴完治するのは大変だものね…。職業柄治療について少し知識があるので入院と聞いて色々考えてしまう。とにかく初期治療は大切だ。

光一君は急遽、TOKIO長瀬君と歌った。光一君が信頼できる長瀬君が居てくれて良かった。普段デュオで歌唱している歌を生放送で唐突に一人で歌うよりきっと安心できるだろう。即対応出来る長瀬君の安心感。

堂本兄弟繋がりで西川君とも親しいので、支えるようにふざけつつも側に居た西川君にもKinKi Kids愛を垣間見た。

フラワーのバックに増田君呼んでくれても良いのだよとか思ってごめんなさい。

 

あぶない少年の映像や愛ラブSMAPの映像を地デジで見ることになるとは。

テレ東さん、もっとやって良いのだよ??NEWSのも、JUMPのもたくさんあるよね!Ya-Ya-yahの映像とか流していいんだよ??雛壇でNEWSいじり倒してくれて構わないんです。今年はトークにNEWSは呼ばれなくて残念でした。トークも見たかったのが本音です。呼んでくれるだけで嬉しいけど、お話もさせてくれたらもっと嬉しいです。大変な強欲でごめんなさい。

 

V6の銀座シックス屋上(ダジャレらしい)で歌って踊るのは大変素敵でした。メドレーの選曲も、踊ってくれるのも。スーツ姿も大人の魅力たっぷりでした。歌って踊れる素敵な大人のグループ。

関ジャニ∞の盆踊りのような賑やかな演出と、リリース直後の新譜のアルバムからリード曲もメドレーで歌って、とても∞的でした。賑やかで明るく楽しいグループだと伝わる。

TOKIOさんも司会が太一君だけあって大トリ含めて、安定のバンド演奏。チームとしての安定感。チームワーク抜群の、個々でも困った時は即戦力の心強いグループ。

エビのオープニングも安定のパフォーマンス。WEST、JUMPのキラキラは安定のジャニーズ感。スタジオで歌唱していた。ジャニーズはキラキラして、歌って踊れると良く伝わる。

中丸君のぬるっとでてきて、飄々とワンフレーズ踊っていく姿もとてもユニークでありました。しかし、短い。中丸君の贅沢な使い方。それでも充電期間に歌番組に出てくれて嬉しい。

 

さて、今年のNEWSについてが本題です。

これまでのテレ東音楽祭のNEWSは素材として遊んでもらっているような、とっちらかったトンチキぶりな演出も売りでした。むしろわざとトンチキ演出をあてがって、シュールに面白く目立つように気を使ってくれているのかもしれない。

船で謎のホームパーティしながらサッカータイアップ曲のあのスポーティー衣装で歌ってみたり、駐車場で歌ってみたり。テレ東さんの偉そうな方をチュムチュム衣装にて接待してみたり。昨年のように増田君が衝撃的ファンサービスを繰り広げてみたり。こちらはツアーの派手な蛍光カラーの衣装だった。

今年は一体どうなるんだろうと待っていた。何をするのかさっぱり事前に情報はない。出演するタイムテーブルのみ把握していた。

きっとweeeekは歌うんだろうなと予想していた。だって毎年歌っているもの。テレ東さん的NEWSの代表曲。

 

そろそろNEWSの出番だなと待っていると、NEWSはヒットメドレーだとテロップも出た。さて何を歌うのだろう。

小さめのBOXカーに、大きなナナナとNEWSメンバーが奥に詰め込まれている映像が流れた。なんとも言えないチャラついた衣装を着ていた。どうやら今年はツアー衣装ではないようだ。夏のお祭りの屋台にいるお兄さんのようだと表している方を見かけたが、まさしくそれだ。特に増田君の額にはでかでかとナナナ柄のバンダナが見える。

「…バンダナ…??」

ナナナが増田君の額から鬼太郎のように覗いているではないか。かなりの幅でバンダナが主張していた。

メンバーを撮影するためにカメラマンさんが後ろ向きで乗っているのが見えた。どうやら地下駐車場に向かっているらしい。軽く事故では…なカメラマンさん、大丈夫かしら…。

前列にコヤシゲ、後列にテゴマスが詰められている車。後部座席のテゴマスが幼児感溢れていて可愛い。テゴマスを隣同士にしてくれてありがとうございます。

駐車場に到着して、メンバーが降りてくる。どうやらメンバーにナナナのマペットを預けられているようだった。小山君は直前までアピールしていたが車から降りる際に助手席に置いていき、テゴシゲはそもそも車内で持っていたのか良くわからなかった。降りる際に横にそっと置いてあった。車内でも増田君が特にナナナマペットをいじり倒していて増田君には可愛さしかない。欲しかったおもちゃを買って貰った幼児のようだ。降りた後もどうやら持つ気満々な様子。左手にマペットを装着した。増田君だけナナナマペットを御供に連れ出した。可愛い…。

駐車場に到着すると、謎の囲みセットが見えた。そして衣装の全貌も良く見えた。

増田君のペイズリー柄を一瞬ワラジ虫みたいだと思ってごめんなさい。ちゃんと見たらペイズリー柄でした。そしてナナナ柄のバンダナの後頭部の結び目が長い。こりゃ、ナナナグッズの手ぬぐいだよねと一緒に観ていた娘とにっこり。益々、屋台で何か焼いてるお兄さん感溢れていた。増田君の額からナナナが見つめてくる。きっとナナナの顔が判別できるようにあのサイズ感になったのだろう。髪を切ったのかな…切ってないのかな…少しスッキリしているように見えなくもない。バンダナで上に盛り上がってるだけなのか。バンダナ外したら前髪作りましたなびっくり展開が待ってないかな。

 

そして曲は予想通り『weeeek』だった。

うん、そうだと思ってた。

とんでもなくチープでシュールな、学祭で作りました的セットが見えた。NEWSはその中で歌唱するようだった。会社員の日常の殺伐さや悲哀を意図的にシュールに表しているのだろうか。手作り感あるのがテレ東さんクオリティ。

NEWSはその中で歌っていました。カメラはセットの外側にしかない様子で、メンバーもカメラ割を今一つ把握していないのか、テレビに映らないカメラの方向に向けてアピールしていたり、どったんばったん。リハもあまりしていないのかもしれない。セットに隠れて映らなかったり。シュールで不思議な風景であった。盛り上げようとコールする増田君。しかし横文字がなんだか怪しい発語になっていた。そこもチャーミング。

しかし歌声はバッチリ。笑顔もバッチリ。増田君の手にはナナナのマペットマペット装着した左手でマイクを持ちつつ歌う。どうやらナナナにマイクを持たせたらしい!!やだ!!!可愛いの極み。他の方のTwitter投稿で画像を見てなるほどと納得。顔がほころぶ。何て可愛い三十代男子。可愛い系キャラクター+増田君の親和性の高さは抜群。結局右手にマイクを持ち変え、左手にはナナナ。その額には主張しまくりのナナナ手ぬぐいバンダナ。とにかく幅が広い。額が広いのか、無理矢理頭頂付近まで被せて巻いたのか。まるでナナナの親衛隊のようだ。とても可愛い笑顔で歌っていたので「まぁ、いいか。」という気分になっていた。増田君的テレ東さんへの愛情表現なのかもしれない。あの子、ベクトルがあらぬ方向に向かう時があるものね。思い出したよ。今年はイケメンモード増田に慣れ過ぎていた。

セットの扉がオープンすると遊園地の電車風の電飾で光る小さなトロッコに乗り込むNEWS。本当に小さなトロッコ。プチNEVERLAND風味。そう思ったのも束の間、このトロッコは人力で動くようだ。なんともテレ東クオリティ。増田君が先頭でにっこり乗車していて、背後には手越君が見えた。テゴマス。可愛いから、まぁいいかとなっている。駄目な思考回路。

さて、何を歌うのだろう。

どこに向かっているのだろう。

その答え合わせは直ぐに行うことが出来た。

小さな四角いステージにNEWSメンバーが向かった。紫色の幕が下ろされると番協のファンに囲まれたステージだった。

メンバーと近い。

ステージは狭い。

番協の皆さんのテンションは上がり、キャーキャー叫んでいた。そうだろう。

カメラに背を向けて番協さんをジーッと眺めていたのが増田君らしいなとニコニコと観ていた。小山君が唇に指を当てて「しーっ!」と合図をする。ざわついていた番協さんも静かになる。

次の曲はまさかの『恋を知らない君へ』だった。この衣装で、番協さんまで入れていて、まさかのバラード。

増田君は歌にアレンジを加えて歌唱してくれた。大好きな優しい素敵な歌声。途中イヤモニを触る。本当に最近は良くイヤモニを触る。顔をしかめるように耳に集中してることもある。耳、大切にしてください。無理しがちに見えるから心配になる。杞憂でありますように。

NEWSはしっとりと歌い上げる。

番協さん、拝んでおりました。

お祈りポーズのファンに囲まれ、小さな壇上にいるNEWSの図。

異様な光景だった。

ジャニーズ大好きな私から見ても異様な光景だった。

NEWSって宗教的な雰囲気だよねと思われていそうだが、お茶の間にNEWS=宗教的と止めを刺した形になった。

団扇もペンライトも無しの指定の様子で、皆さん丸腰。どうやら歌う曲も知らされていなかったそうだ。間近で見上げるNEWSメンバーは思わずお祈りを捧げたくなる程のインパクトと神々しさがあったのだろう。ファン心理を致し方ないとも思う。ピュアなファンばかり選抜されたに違いない。そもそも私なんぞは参加できない。ふてぶてしい年増は参加すらできないのです。

とにもかくにも、残り少なくなった増田貴久(30)である。

メドレーは2曲だったらしい。

NEWSの出番はぬるっと終わってしまった。トークも無かった。そこは本当に無念。

あの後、スタジオはどんな空気だったんだろうか。増田君が手ぬぐいバンダナを巻こうと思った経緯や、衣装のコンセプトなど聞きたかった。全体的なミスマッチに理由はあったのか、無かったのか。

見終わった直後、良く分からないけどNEWSのターンは終ったと理解した。

 

うん。

出ないより、出た方が観ることが叶うから、結果良かった。親バカ脳なのでそこに辿り着いた。

自分がテレ東さんオンエア地域で恵まれていた。

活動が無かった時期を思えば、音楽祭に呼ばれない時期を思えば、何万倍も楽しい。不満にしても、感想にしてもあれやこれや意見できる。出てくれないと言えない。活動していないと見られない。生放送だと今こんな感じなんだなとリアルタイムを観ることが出来る幸せ。

良く分からないけど他のジャニーズグループと異なる扱いはテレ東さん的VIP待遇なのかもしれない。普通に歌っても構わなかったのだが、NEWSはいじり倒して目立つようにしてくれているのかもしれない。

昨年のような「まさか」があった訳でもない。

昨年のテレ東音楽祭in増田君事変には大変驚いたけれど、自分自身はそれ程ダメージを受けなかった鈍感である。あの立場に置かれた相手もパニックと歓喜で訳が分からなかっただろうなぁ、我に返ったら恐ろしくなるだろうなと思いを馳せた位だ。自分なら逃げ出したい。無理だ。増田君にしては珍しい事をしたもんだと確かに驚いた。昨年の増田担ショックTLを思い出せば、今年は平和だ。夜勤でリアルタイムでは視聴できず、何があったのだ?と夜勤中に気になったもんだ。未編集でダビングしたディスクを先日見返して思い出したばかりだ。昨年のテレ東音楽祭はこれか!と。(内容を忘れていたポンコツ)

NEWS、いじられ過ぎてちっとも格好良さも、グループとしての魅力も伝わりにくいけど、NEWSって宗教的な印象を残したけど、メンバーは楽しそうに歌っていた。生放送の大型音楽番組に呼んで貰えて嬉しい。そもそもテレ東音楽祭はシュールさとトンチキぶりが売りだ。

こうだったら良かった、格好良さに特化しても良かった、あの曲が聴きたかった、トークさせて欲しかった、番協さんに指示出してあげて欲しかった、中丸君と増田君を絡ませて欲しかった…言い出したら強欲な自分は欲求が止まらない。

でも出てくれて良かった。

NEWSが、増田君が可愛かった。楽しそうだった。

来年も音楽祭があれば呼んでくださいテレ東さん。増田君ゲストのソレダメも宜しくお願いしますテレ東さん。他の番組にも呼んでくださいテレ東さん。

 

そして格好良いアイドルNEWSのターンは日テレさんに期待します。他グループとの交流も日テレさんに託しました。

 増田貴久(30)を楽しめるのも後数日。

 MUSIC DAYも楽しみです。