凝り固まった愛を叫ぶ。

お茶の間にてJ事務所のアイドルを信仰している。NEWS増田君溺愛。

ありがとう、THE MUSIC DAY2017。そして31おめでとう。

NEVERLANDオーラスに関しての記事をさっさとまとめ終えればよいのだが、寄り道ばかりしております。夏の大型歌番組に好きなグループやアーティストさんが次々出演して嬉しい悲鳴です。HDDの容量の確認必須。

テレ東音楽祭2017に引き続き、日テレさんのTHE MUSIC DAYがオンエアされました。手作り感満載のテレ東音楽祭と真逆にある綿密に組立てられた音楽祭。照明やステージセットも楽しみです。日テレさんの音楽祭はジャニーズファン的トラウマも多いので、地味に毎回ヒヤヒヤしている。丸山君のおふざけにはドッキリした。

櫻井君の司会も楽しみですが、シャッフルメドレーを大変楽しみにしておりました。それはそれは楽しみにしておりました。THE MUSIC DAYの目玉企画となってますもんね。ジャニーズの他グループメンバーと他グループの曲を歌うのですから。年末恒例のカウコンではないかと錯覚するほどのお祭り気分に毎年してもらえております。企画も準備も大変なんだろうな。

 

2017年、夏。

とうとう増田貴久君がジャニーズメドレーでセンターに立つ日が来ました。

棚ぼたの結果だったとしても、爪痕残せたのではないかと勝手に自惚れております。

歓喜!!!

まさかの!!!

自分的大騒動でした。

何処に感謝を伝えれば良いのだろうか。

心からありがとう!!!

 

増田君は嵐の『感謝カンゲキ雨嵐』を歌う予定だと発表されていた。増田君が大好きだと公言している嵐の曲だった。嵐が大好きな私的にも最高のコラボ。

増田君がお世話になり大好きで懐いている(ように見える)国分君、光一君、他にも横山君、八乙女君、千賀君も一緒だ。ホーム感あるメンバーと一緒のグループで良かった。そう思って期待して待機していた。

それは、突然だった。

『感謝カンゲキ雨嵐』の冒頭「Smile again〜♪」を増田君がソロで歌唱したのだ。

太一君がいたずらっ子モードの顔をして増田君にマイクを向けていた。

「…っ?!」

声にならない叫び声が漏れ出た。

何が起きたのだ??

増田君はニコニコ笑顔を浮かべてスーパーイケてるボイスで歌っている。

自分でデザインした今年のツアーNEVERLANDで着用したあの端布を組合せたパッチワークテイストのコート衣装。ジャニーズのキラキラ衣装が集合しても目立ち、どこにいるかすぐ分かる。増田君のセレクトだったと勝手に思っております。

太一君や光一君の様子を見ていると、どうやら最初から増田君がソロで歌う予定では無かったようだ。突然太一君が始めた無茶振り、悪ふざけのようだった。その後もその部分の歌唱は何故か増田君がソロで務める事に。太一君だけでなく隣にいた八乙女君もマイクを増田君に向けてくれていた。光一君は笑っていた。太一君が光一君の肩をしっかりと抱き寄せていて頼もしかった。きっと相方不在で心細かったろうから。

増田君の歌はうまい。

増田君の声はスーパーイケてる。

大変、美声。

『感謝カンゲキ雨嵐』後半はジャニーズシャッフルメドレーPart1に出演したジャニーズタレントと全員と共に歌うのだが、この「Smile again」部分は増田君が最後までソロで歌い切った。Part1に出演した他のメンバーは誰も邪魔もしなかった。ゴールデンタイムのお茶の間に、増田君の素敵な歌声が生放送で届いた事実に震える。ほぼセンターで歌い切った。とても良い笑顔だった。

太一君がふざけて始めてくれたのかもしれないが、増田君の歌の実力を知った上でマイクを向けてくれたと思う。以前共演していたいっぷくで先輩後輩の関係性もある程度築けていると思っている。あの錚々たるメンバーがいる中でマイクを向けてくれてありがとう、太一君。増田君は間違い無く、歌で輝く事が出来るタイプの人です。ワンフレーズ歌った後に「もう1回!」と更に歌わせてくれ、メドレー担当のメンバーもそれに乗っかってくれた結果だ。皆、ありがとうございます。結局最後まで「Smile again♪」は増田君ソロのまま曲が終わったという奇跡。素敵な低音と響きでした。

歌っている間の彼の幸せそうな笑顔、肩を抱いてマイクを向けてくれた八乙女君の温かさ。Ya-Ya-yahでの共演から比べると身長は逆転したけど、可愛い2人でした。横に揺れて歌う姿は可愛さの塊。

最後に24時間テレビメインパーソナリティーの3人に引き継いだあと、大好きな櫻井君に両手で大きく手を振り、振り返してもらって満面の笑顔な増田君は可愛い後輩であり、ただのファン。嬉しそうだったな。大好きな大好きな櫻井君に可愛がってもらえていますように。Jr.時代に嵐のツアーで櫻井君ソロのバックダンサーに選ばれた事は、彼の中での揺るがない誇りなんだろうなとこちらも幸せになった。

メドレーの歌唱中、Part1には錦戸君がいた。言わずもがなの元メンバー。増田君のソロ歌唱中、ニコニコの笑顔で後方から中央を見つめていた。きっと増田君のことを見ているに違いないと勝手にホクホクしていた。厳しいけど愛情ある錦戸君。なんだかんだと増田君に気を回してくれる錦戸君。残念ながらオンエアでは確認出来なかったのだが、後からこぼれ話で錦戸君が歌う増田君の事を見守っていた、歌唱後にハケる際も2人で並んで歩いて帰ったなど聞こえた。錦戸君と増田君の温かい関係性がとても好きだ。今も変わらないんだなとニッコリした。山下君もいた。2人と共演出来て良かったなと思った。

シゲちゃんも始まる前のカットで1番目立つ場所にいたり、Part1に出演したNEWSメンバー2人とも大活躍だった。

増田君の歌の良さが1人でも多くの人に伝わると素敵だな。多くのジャニーズファンはチェックしている筈だし、ファン以外にも届くと素敵だな。歌のお仕事や他のお仕事に繋がると素敵だな。声のお仕事如何ですか??

 

NEWSは他にも出演予定があった。

『渚のお姉サマー』を歌唱することは事前に発表されていた。残りの曲はコアな夏の歌とだけ知らされていた。

ネットでファンは予想大会。この待っている期間のワクワクした雰囲気が好きだ。私は『SUMMER TIME』か『エンドレス・サマー』がいいなぁなど呟いていた。ツアーで歌っていた『サマラバ』ではないかという声も多く見た。衣装も楽しみだった。

NEWS登場は唐突だった。

テレ東音楽祭を彷彿とさせる「渚のチャラいお兄さん」衣装シリーズだった。どうやらブラックアロハと言うらしい。これから流行るのか?既に流行なのか。きっとファッショニスタ増田君の仕業であろう。

気になった点は手越君が痩せていた事。元々細いのに、少し見ないうちに顔がほっそりしている。何だか元気も無い。珍しいなと見ていた。体調不良などでなければ良いし、またプライベートで流出してゴタゴタしていたのはネットで知っていた。そう言った類のトーンダウンだろうか。どのみち元気なさそうだったから美味しいものをたくさん食べてほしくなりました。歌唱は安定の手越ワールド。声量ありまくり、高音伸びまくり、ビブラート祭り。

さて、何を歌うのか。櫻井君の曲紹介、なんと、なんと!!!

『エンドレス・サマー』とはっきりと聞こえました。

ファンが聴きたい曲1位、と。

NEWSファンは大抵承知している6人時代の名曲。ファンの思い入れの強い歌。復活の美恋コンでも歌われた。

タイトルコールで既に泣きそうな気持ちになる。

良くこの曲を歌おうと決意した。そこに挑戦出来る4人に成長したのだなと感動。元メンバーの錦戸君と山下君も同じ会場にいる。ファンも6人時代の印象が強い事も知った上でだろう。泣きそうになる。親バカ大全開。お茶の間の知名度で考えるとどちらもアルバム収録曲である。

まずは渚のお姉サマーの増田君の可愛い振り付けなのにキレキレダンスをニマニマと眺める幸せ。あんな可愛い振りなのに、キレキレダンスになってしまう才能を隠しきれない増田君、天才!!と褒め称えながら見ていた。横に居た娘は呆れていたのかもしれない。増田君のオーベイベTIMEを期待したのですが、残念ながら尺の関係でありませんでした。残念。またいつか、どこかで聴かせてね。

エンドレス・サマーは切ない夏の歌。増田君の歌い出しから始まる。増田君はいつもいつも丁寧に情感豊かにこの曲を歌う。生放送で聴いてもやはり素敵な声で胸に染み渡る。

どうやら前に4人で披露した時と微妙に歌割りが異なるようだった。歌い方も。増田君は大きく歌い方が変化した印象は無いが、全体的に力強く歌い上げたようなエンドレス・サマーだった。

確かに6人時代の歌声が脳裏に流れる歌だ。コンサートでの映像も再生されるだろう。今の4人の歌声とは印象が異なる。賛否両論あるのは仕方ないと思う。個人的には6人時代を塗り替えたり、超えたりはなんだか違うような気がしている。6人時代にはその時の魅力がある。想い出もある。4人には4人なりの表現があるだろう。その魅力も。想い出もこれからたくさん増えていく。今は否定的でも、それぞれが個性として受け入れられる時が来るといいなとみんなの感想を見ていた。

私はNEWS4人が、抜けた2人もいる中で、ファンの思い入れの強いこの曲を歌った事が大きな意味がある気がして嬉しかった。ファンの好きな曲だから選んでくれたのかもしれないけど。4人のエンドレス・サマーがファンの記憶に定着して、自然になっていけたら素敵だな。増田君はきっといつでも進化する素敵な歌声で、丁寧に気持ちを込めて、時に身体を折り曲げて歌っているのだろうな。

曲紹介前のトークで櫻井君に向けてとろけそうな甘い笑顔を見せる増田君の可愛い後輩ぶり。ほんと翔君大好きね。櫻井君、ゼウスとか呼んであげてください。何かあれば呼んであげてください。ご飯付き合ってあげてください。たくさん食べて飲むかもしれないけど。

いつもは小山君に進行を委ねがちなNEWSのトークですが、珍しく増田君中心でした。トークで何にも話さない、ニコニコと頷いている、オウム返ししか出来ない時代(可愛い)を思い出して、ゆっくり着実にスキルアップしている姿を確認できた。確かに話題を回したり、展開させたり高度な事はまだテレビではしないけれど、着実に成長している。今年のツアーMCでも感じていた。バラエティのお仕事も増えると良いな。

THE MUSIC DAYに関しては相葉君の麗しさや、頼もしさ、シャッフルメドレーの感想やPart2のこと、嵐の事、感想はまだまだ尽きない。

 

そして。

増田貴久君、31回目のお誕生日おめでとうございます。

この世に生まれてきてくれて、すくすくと元気に成長してくれて、アイドルになろうと思ってくれてありがとう。

12歳から一般庶民には想像もできない世界で踏ん張って輝いてくれて、スーパーアイドルで居てくれてありがとう。その成長をファンとして見守る幸せ。

大好きな人のお誕生日を祝おうとするとポエマーになりがちです。

30歳の増田君の目覚ましい大躍進には嬉しい悲鳴をあげまくりの1年間でした。ファンとしてとてもとても実りある1年でした。

増田君自身が楽しくマイペースを保って、素敵な出会いに恵まれて幸せに暮らしていてほしいなといつも重ために願っております。ごめんなさい。

歌にダンスにアイドルスマイル。見た目も歌声も素敵。可愛いも格好良いも自由自在。スーパーアイドル増田君です。髪型を変えて、最近はアダルトモードも放出してくれるので、そうだ…もう大人の男性なんだとふと我に返ります。前髪復活も何時でも大歓迎でお待ちしております。結局どれを見ても「可愛い」に辿り着く。誕生日当日にジャニーズWebの連載コーナーも更新してくれるソツの無さ。流石。

増田君の表に出さない努力や勤勉さ、仕事として確実に還元されていると信じています。そして誰かの心に響いて、次に繋がると。バラエティ仕事も楽しそうに参加し、人の話を聞く時はその人の顔を見て、頷く。丁寧な話し方、感性豊かなところ。優しい雰囲気。御家族の愛情を受けて素直に成長したんだろうなと伺えて、また尊敬の気持ちを抱きます。

最近、以前のバラエティ番組に出演している増田君を引っ張り出して見返した。当時の話下手な増田君の成長に驚いた。司会者の言葉に同意するかオウム返しが精一杯で(とても可愛い)自分から切り込んでいけなかった彼が、空気をフリーズさせようが挑戦できるようになっていた。更にトークを展開できるようになる日も来るのかもしれない。そう思わせてくれるポテンシャルがある。

31歳の増田君にもたくさんの素敵な出来事がありますように。自分のペースでゆっくり成長している姿を見ているのも幸せ。デビュー前から、デビュー後もこの先ずっと応援して行きたいと思えるアイドルに出会えた幸せに感謝しています。

歌のお仕事、もっともっと見たいな。デビューの頃から映像を見返していると、その成長ぶりがはっきりと分かる。最高。

 

 

7月4日は1年に1度の特別な日。

増田君の未来に幸あれ!

お誕生日おめでとうございます。