凝り固まった愛を叫ぶ。

地方のお茶の間にてJ事務所のアイドルを信仰している。NEWS増田君溺愛。頭が固い。

勝手に期待を押し付けてしまう悪い癖。

最近、増田君が髪を黒くした。

 

私は暗めの髪色の増田君が大好きだ。

写真を保存しているフォルダーや動画でも、暗めの髪色の比率が高い。個人的な好みの問題だが、大好きなのだ。

増田君が髪色を暗くしてから、ここにも何度もあれやこれやと書き綴っている。読み返すと浮かれていたことが読み取れる内容だ。頭が悪そうな大人の典型例だ。それ程までに嬉しかったのだ。

日常生活の会話になるとこの話題について触れる回数が更に増す。主に付き合わされている娘は笑顔で頷いてはくれる。親子の立場が反対だという世間の冷静な突っ込みには慣れている。大人気のない親なのだ。

 

「しんどい、黒髪素敵過ぎる。しんどい、好き。」

「イケメンぶりが世間に知れ渡る。」

「どうしよう、好き過ぎる。」

「黒髪素敵過ぎて、美の暴力!!」

 

当の本人はこれまでと変わらずに過ごし、変わらず真摯な態度で仕事に取り組んでくれているであろう。

一方、ファンサイドの自分は出演番組のワイプで少しでも増田君の黒髪姿が映ると、言葉にして騒ぐ。自分の単純さに我ながら呆れる。アイドルのほんの少しの外見変化でこんなにも振り回されている。過剰反応にも程があると自覚はしている。しかし、昂ぶる感情をコントロール出来ない。ファンの口にする「しんどい」は最高に幸せと同意だ。嬉しくて仕方がなかった。

増田君は奇抜なヘアーカラーリングも不思議と違和感が無く、明るい髪色でも素敵だ。流石、ファッショニスタ。どんな服装も髪色も自分の世界観にしてしまう才能が備わっている。暗めの髪色だとリアルな現実世界の男子感強め、素敵な美青年に見えてこちらの心拍数が上昇する。

本人はそんなファン心理を知っているのか、知らないのか。変わらずに癒やしの笑顔を浮かべ、テレビ画面の中で男前である。

これまでの増田君の髪色サイクルだと『髪色を暗くする=何か仕事が控えている』の式が成り立つ場合が多かった。髪型を大幅に変える時もお仕事のためというケースだ。

故に、勝手に期待していた。

もしかして?

もしかする??

増田君、何か控えている?

彼の髪色が似合うだけでも嬉しいけれど、新しい何かが控えているなら尚、嬉しい。だって新しい世界での彼を見ることはファンとしてとても喜ばしいから。過剰に期待し、悪意からではないが、自然と期待を押し付けてしまっていた。

今はそんな自分を省みて、恥じている。

 

「ドラマが決まったという嘘をついている。」

 

黒髪にして直ぐのネタパレで増田君本人が冗談にしていた。彼の言葉はそのまま鵜呑みにして良いのか、受け取る際に何か含みがあるのか、想像力と妄想力とのせめぎ合いだ。

本当に何か役者さん仕事でも控えているのか?単純に冗談?皮肉??

もう脳内がぐるんぐるん忙しく回転する。

視覚からは素敵な黒髪で微笑む増田君。

何か仕事が決まっていたら素敵。

この姿が仕事として形に残れば最高だ。

もしも仕事のためじゃなくても、髪色を久しぶりに暗くしてくれて、似合っているから嬉しい。

自分の大好きな人の素敵な姿に、顔も思考回路も緩みっぱなしだった。

Mステウルトラフェス、彼の手がけた素敵な衣装を身に纏い、黒髪姿でチャンカパーナを歌唱する増田君の色気の凄まじさは先の記事で触れた通りだ。

あれは大変良いものだ。

生放送でお茶の間にも流れた事を思うと嬉しくもあり、誇りだ。アイドル、素敵でしょ?とほくそ笑む。

彼のWeb連載のコーナーでも、ラジオでも髪色に触れてくれる機会が何度かあった。きっとファン以外にも、たくさんの人に髪色について尋ねられたのだろう。最近は紅い髪色がデフォルトになっている増田君。髪色を暗くすると相手も会話のきっかけとして触れてしまうのかもしれない。

その度に何か仕事?と尋ねられて、同じ答えを延々と返していたら…。

 

「髪色を黒にするのに、何か理由が必要?」

 

彼のこの言葉が自分に突き刺さる。

その通りだった。

彼自身が髪型を変えたい、髪色を変えたいと思えば自由。

今のワンレンヘアースタイルも、彼がやってみたい髪型があると前髪を伸ばし始めたきっかけで至っている。当時控えていた発売されるシングル『EMMA』のビジュアルイメージと重なり、艶っぽく似合っていた。EMMA衣装着用姿で歌唱する増田君の色気は凄まじい。狙っていたのか分からないけど、色気の塊。メインビジュアルに寄せてなのか、EMMAの世界観と彼の気分がマッチしたのか、ワンレンショートボブの増田君とEMMAの親和性は高かった。結果起こる化学変化も凄まじかった。

CM契約などでキャラクターイメージを保たねばならない制約も無い、役者さんの仕事が控えている訳でないなら髪型も髪色も選択するのは彼の自由。

増田君が髪型を変える・髪色を変える=新しい仕事と勝手に結びつけて期待していた己の単純脳。虚しさと恥ずかしさが入り混じった感情になる。勝手に固定概念を抱き、押し付けていた。

知ったつもりになってしまう、己のファン心理の浅ましさよ。

何度反省しても繰り返す、学習能力の欠如。

SNSでも増田君のファンを長い間されている皆さんは「仕事が控えていたら嬉しいけど、彼の場合気分もあるから」と前置きしていた。サラッと触れて過剰に期待はしない姿勢が感じ取れた。

その通りだ。

そんなクール人間に憧れるが、一喜一憂タイプの自分には遠い道のりだ。

私自身も髪色の変化は気分の可能性も否定出来ない、と前置きはしてはいた。でも、何かあれば嬉しいなと自分の抱いた期待を押し付けていた。なんと器が小さく、アイドルに期待ばかり背負わせてしまうんだろう。ドンと構えて受け身になりきれない。

人間だから気分転換や好みの服装に合わせて髪色を変えたり、髪型を変えたりもする。これまでと比較し、何処かで勝手に期待値を上げてしまっていた自分。

あんた、何年彼を見てきたの。

自分に自分で喝を入れ直す。

 

ファンが過剰に期待して騒ぎ立て、ワクワクして待つ。ネットを見ればザワザワしていたのは一目瞭然。それだけ彼の仕事を待ち侘びている証拠でもあるのだが。

実生活では周りから髪色どうしたのか突っ込まれ続ける。

そこに深い理由など無かったら、答える時に嫌な思いをしてはいないだろうか。面倒くさい気持ちになっていない?

こうなると得意のモンペ思考である。

過剰に心配するターンに陥る。

この心配も余計なお世話なんだけれども。呆れるくらいに学習能力が欠如しているのだけれど、止められないのである。

当の本人から見れば「うるせぇ!ほっとけ!」で一蹴されてしまうだろう。

プロの領域のファンは、まだその話題引きずっていたのと呆れることだろう。

 

そんなこんなで、人間としての器の狭さと、己の思考回路の短絡ぶりを恥じていた。

Kラジで小山君が増田君の髪型の狙ってない「エロさ」を褒めてくれたり、最近の増田君から何かが溢れ出てると本人に告げてくれたことに諸手を挙げて喜んだ。ありがとう小山君。

RESCUEみたいなドラマがまた見たい、その髪型が似合う仕事が見たいと、ファンの気持ちを代弁してくれて心からありがとう小山君。

その通りなんだよ。小山君の出演するドラマについても増田君も何度も触れていました。ドラマが決まると番宣に出たり、雑誌に出たり、原作に帯が付いたり、ファンとしては追いかける楽しみも何倍にも膨れ上がるし、連続ドラマなら3か月楽しみが持続する。

今の増田君の姿を何か形に残して欲しくて、些細なことにも期待してしまう己を抑えられない愚かさ。ドラマにゲスト出演してくれないかな…何処かで考えてしまう。やっぱり反省していないね?って突っ込みは心の中でよろしくどうぞ。

金田一とか24時間テレビスペシャルドラマでの増田君の演技、とっても良かったの思い出してしまうんだもの。研修医役だった時は職場の医局にいたらどうしようかなとウキウキしたものだ。(先生方には笑われていた…)

 

そこに来て、昨日更新された『増田貴久の〇〇』に黒髪がおかしいのか?といった内容が記載されていた。またも、本人が髪色について触れてくれていた。

それだけ反響があったのか。

それよりも、なによりも。

黒髪がおかしいだなんて思わないで欲しい。

 

否!!

反対ですから!!!!

似合い過ぎて、素敵なだけです!!!!

黒髪、最高!!!!!

 

そこは声を大にして主張します。

絶対的に似合っています。

個人的には暗い髪色が似合う人は本物の男前、美形だと思っています。

女性では暗い髪色のショートヘアーが似合う方は美しい人だと考えている。誤魔化しが効かない。茶髪や明るい髪色は顔色も明るく見えたり、万人受けする印象を作り出せる。暗い髪色で垢抜けて見える人は素敵な人だと思っています。

 

増田君、これに懲りて暫く黒髪やーめた!!

とか思わないで下さい。

ファンの贔屓目を無しにしても、似合っています。男前です。

大人びて見えるし、年相応の色気が透けて見えているとも思う。精悍な印象を与えるから、全体的に締まって見える気もする。

このスタイルで和装も見てみたい。似合うだろうな。現実的な役回りも今ならバッチリタイミング合うから、何かあれば是非とも。

期待の押しつけは反省したので、妄想して待たせてください。

例え何にもなくてもガッカリしたりしません。勝手に妄想させてください。

雑誌にはたくさん出てくれたら買わせていただきます。どうか、黒髪姿を形にお収めください。

段々と色も落ちてきて濃茶になりつつあるけど、それも素敵です。

今の髪型は動きに合わせて前髪が一房お顔にかかる感じ、大好きなんだよなぁ。大人モードな増田君。

子供っぽい髪型に戻す可能性も示唆していたけれど、前髪のあるこれまでの定番のことかな?何はともあれ、今楽しめることを堪能しておこう。

 

増田君が一日で何度も太った?痩せた?と聞かれるの、彼の持つ雰囲気のギャップマジックのせいもあるんだろうなと思っている。

浮腫みやすい体質とも話しているけど、奥二重気味だと余計に表情で印象変化が大きい。笑うとお顔がふっくらした印象、頬に食べ物をたくさん詰めるとモキュモキュだ。真顔になるとシャープな印象。最近では耳下から顎のラインが見えると、シュッとしてるなぁと感じることもある。

 私にとってはどの増田君も素敵です。

テレビで動いている姿が見られたら嬉しい。可愛い笑顔が見られたら癒やされる。

雑誌で素敵な姿を眺めてニヤけ、ラジオの声で更に癒やされる。歌声が聞けたらもっと幸福度指数が上がるだろうなと妄想して楽しむ。

現実的な期待としては、NEVERLANDの円盤化の発表はいつかな問題。これは期待して待っていても許されると思っております。

増田君にやってもらえたら飛び上がって喜ぶお仕事の羅列は変わらずに繰り広げ、想像しては舞い上がる。

いつか実現してリアルに大喜びできますように。楽しみはとっておくのだ。

 

 余談ですが、私自身、産後肥えたので結婚式に向けてダイエットしたのもあり、比較すると太った自覚はある。しかし毎回毎回、周りから「太った?」と言われる度に良い気分にはならない。ええ、太りました。

太った?と他者に尋ねるのは如何なものかと個人的には思っています。ものすごーく親しい間柄なら分かるけども。

痩せたことを気にする人だって居ると思う。病気のせいで増減ある人も世の中にはたくさん存在する。怠惰が原因じゃなく痩せられない人も。

外見のことは直接本人に口にしないと言うマイルールがある。病院勤めが長いせいもあるが。

妊娠太りで心配してくれる加藤シゲアキさんはどこに行けば見つかりますか。

妊娠して半年で20キロ増加して、ドン引く前に産婦人科の先生に怒られないか、身体の心配をしてくれるアイドル、最高ですね。難産になること、身体的悪影響を踏まえた上での発言ですよね。未婚アイドルなのにそんな知識まで備わっているシゲちゃん、素敵。

産後体型を一緒に戻しましょうねって励ましてくれる加藤シゲアキさんはどこですかね…。

シゲちゃん、ホント年々素敵な男性になりますね。

増田君の話からシゲちゃんの話で終わるという。

グリーンマイル、素敵な舞台のようですね。私は観劇に行けませんが、皆さんの感想を楽しみに読んでいます。

怪我や事故なく、千穐楽を迎えますように。