凝り固まった愛を叫ぶ。

地方のお茶の間にてアイドルを愛でている。NEWS+増田貴久君溺愛。頭が固い。たまに現場にもいる。

NEWSの2017年音楽番組と楽しみにしている2018年。

2017年、NEWSの歌番組への怒涛の出演ラッシュは素晴らしかった。

彼らが2017年度に出したシングルリリースはEMMA1枚。上半期すぐにEMMAをリリースし、年間を通してシングルリリースはそれでお終い。もう1年も前の話だ。

ツアー前にアルバムNEVERLANDのリリースはあった。付け加えるとアルバムNEVERLANDは傑作だ。

 

NEWSはここ数年、年間リリースされる作品が多くない。押されているグループと比較してしまうととても寂しい。

作品数が増えれば番宣でメンバーのテレビ出演も増える。歌番組にも出演の可能性がある。テレビに出れば出るだけ新たなファンを獲得できるチャンスが巡ってくる。

NEWSにはそのチャンスが多くない。

ひとつひとつの作品を大切に育んでいる姿勢はとても好きだけれど。もっとチャンスが多かったらいいのにと欲が顔を出してしまう。だって好きな人にはたくさん会いたい。

 

NEWSの歌声は心に届く歌声。

そっと寄り添って力をくれる。

力強く背中を押してくれることもある。

時にドキドキさせてくれる。

ふんわり甘いのに、どこか力強い。

可愛いもセクシーも変幻自在。

彼らの歌声をもっともっと聴きたい。

ファン心理としては新曲だって常に欲している。

沢山の人に彼らの歌を聴いてもらいたい。多くの人にNEWSを知ってもらいたい。

悲しいけれどリリースの決定権はファンには無い。もっと彼らを精力的に売り出してほしいけれど叶わない。私達ファンの力添えが、支えがまだ不足しているのか。自問自答した時期もある。

彼らに関わるものを自分の出来る範囲で購入して、彼らにはファンがいると伝えていくくらいしか術がない自分。ファンの中にはネットで大きな影響力を持った人もたくさんいる。出演した番組の感想を送ったり、雑誌のアンケートを送ったりコツコツと動くしか能がない。自分に何ができるのか、悶々とした。彼らから受けてきた幸せな気持ちをどうすれば還元できるのか。

 

大きく数字として残らなくては次に繋がらないことは大人なので理解しています。私は専門的な知識に乏しいけれど、売れないコンテンツに予算は回ってこないことは分かる。アイドルはビジネスだ。慈善事業ではない。売れなければ活動の幅は狭まっていく。企業がお金になるコンテンツ優先に力を入れるのは当たり前だ。

CDが売れない世の中でNEWSが売れていないとは思っていない。

リリースされればランキングは上位に位置する、枚数もそれなりに売れる。ただ、ジャニーズ事務所に所属する他グループと比較すると話は別だ。大人気のグループはリリース数も、一度に売れる枚数も桁違い。ジャニーズ事務所内での彼らの立ち位置はけして楽観視出来ない。

ジャニーズ事務所という大看板を背負っている以上、暗黙の了解のようにランキング上位にいることを要求される。事務所から本人達にお達しが行くのかわからないが、世間は「ジャニーズだから売れるでしょ。」と当たり前の顔で言い放つ。彼ら自身も少なからずプレッシャーを感じているはず。

NEWSのCDが驚くくらいヒットしたら良いのに。そう願いながら予約して購入する。財閥でも石油王でもなく、限りなく下層に位置する己は無力である。たくさん買って布教活動したりも出来ない。きっと私のようなファンもたくさんいる。何かしたいけど大きな力もなくて悶々としているファンが。

ファンの販売促進運動は自由。複数購入することを強制するのは疑問だが。買うという直接的な行動は大切。一人で作品をたくさん購入して数字として還元したい人もいるだろう。

反対に私のように細々との人もいる。

もっともっと彼らを支える分母が大きくなれば良いのに。

多くの人が自然と作品を買いたくなる、そんな流れになれば素敵なのに。

 

大切にEMMAを1年間かけて歌い切りました。ひとつの歌をじっくり歌い続けているのを見ると、歌唱する際の歌声の変化をより感じ取りやすい。同じ歌でもカメラワークなど歌番組によって演出も異なる。ツアーを経て時間経過と共に曲の解釈も深くなって、歌声が身体に馴染んでくる感覚。表現も厚みを増してくる。

昨年末、Mステスーパーライブでの増田君の歌唱は憑き物が落ちたようなこれまでとは違うEMMAだった。笑顔でEMMAを歌う増田君の姿にこちらもふっと肩の力が抜けた。EMMAを笑顔で歌えるんだ、と。

 

2017年、NEWSメンバーは全員30代に突入した。華奢であどけなかった10代から彼らを見てきた。もう彼らはすっかり大人だ。あの頃の面影はあるけれど、すっかり大人の魅力的な男性に成長した。人生経験も積み重ねて内面も外見も磨かれた。全年代、全部素敵。

その大人の色気全開で歌う楽曲がEMMAだった。抑制しない溢れ出る色気を纏い、切なさを秘めた気迫の表情で歌う増田君の印象がとても強い。張り詰めた緊張感が漂っていた。

増田君のデザインしたEMMA衣装は肌の露出も多くセクシー。EMMAの振付は直球で性的。可愛いキラキラのNEWSではなく、艶っぽさを全面に押し出した作品だった。

増田君の髪型が大きく変化したきっかけにもなった。前髪を長く伸ばし額を露わにする色っぽい髪型にイメージチェンジ。大変にセクシーボーイでした。

2017年唯一のシングル作品EMMAを育てながら、世界観を確立させて大切に歌ってきたNEWS。初披露の緊張感と少しだけ残るダンスのぎこちなさは年末には全く感じることがなかった。張り詰めた糸のような緊張感も穏やかになっていた。

EMMA衣装も少しずつ進化していたのも驚きだった。衣装をより良くするために常に考えている増田君のプロ意識の高さ。

 

リリース当時も精力的にたくさんの歌番組に出演した。見れば見るほどセクシーなNEWSだった。こんなカラーも出せるんだとドキドキした。

 EMMAのリリース後、アルバムNEVERLANDのリリースとアルバムを引っ提げたコンサートツアーもあった。これから発売予定の映像作品『NEVERLAND』である。

これがもうNEWSの最高傑作ツアーと銘打って良いほどの作品なのだ。ツアーに参加されなかった方にも、参加された方にもたくさん見てもらえたらと願う。エモーショナルな映像作品であることは未視聴の段階で断言できる。

アルバムNEVERLANDも最高と叫びたくなる名盤。楽曲もどれもこれも何度聴いても飽きが来ない。色とりどりに輝く世界。初回特典のNEVERLANDの鍵含め、コンセプトスタイルにて輝くNEWSの代名詞的作品。

このアルバムに収録されている『U R not alone』をコンサートのフィナーレで全身で叫ぶように歌唱するNEWSがようやく映像作品として鑑賞できる。アンコールよりフィナーレという表現が相応しく思う。魂を揺さぶられる楽曲なので多くの方に届いて欲しい。

 

ツアー前のCDTVの春の音楽特番では『さくらガール』を歌唱してくれた。この曲は切ない気持ちで満たしてくれる。ファンとしてのたくさんの思い出も連れてくる。こんな歌い方もするようになったのだなぁとセンチメンタルに浸ったり。センチメンタルになるのは否定的な気持ちからではない。昔からの楽曲もこうやって生まれ変わって行くのだ。今の彼らだからこそのカラーもある。どちらも自分にとって大切な曲には代わりない。

北海道から始まるツアー直前の生放送番組だった。私は札幌会場のコンサートに参加した。テレビの中で観たばかりの大好きな彼らがすぐそこに、自分と同じ空間にいる喜び。コンサートがあり地元に来てくれることに感謝するばかりだ。

 

ツアー後、夏の大型歌番組にほぼ出演したNEWS。網羅したと言っても過言ではない。テレ東音楽祭、THE MUSIC DAY音楽の日、Mステウルトラフェス。思いつくだけでこれだけある。

アルバムからも様々な楽曲をセレクトして歌ってくれた。これまでリリースしたシングル曲も歌ってくれた。

その勢いのまま、年末の大型歌番組にもほぼ皆勤賞でNEWSは出演が決まった。紅白歌合戦以外の歌番組には出尽くした。

CDTVハロウィン音楽祭、ベストアーティスト、FNS歌謡祭、Mステスーパーライブ、CDTVクリスマス音楽祭、ジャニーズカウントダウンCDTV年越しライブ。

常にNEWSが何かの音楽特番に出演しているフィーバー状態。世間に放たれたシングルは1作品なのに、たくさんの大型歌番組、スペシャル番組にゲストとして出演したNEWS。EMMA以外も歌唱している。

合間にNEWSが出演するバラエティ特番もあった。

いのちのうたやSONGS OF TOKYOのようなスペシャルプログラムにもゲストとして呼ばれた。SONGS OF TOKYOは世界に向けての配信番組。そこにNEWSが選ばれることの誇らしさ。衣装のセレクト含め、圧巻の美しい演出だった。テーマに沿って演出も変えていけるNEWS。

止めににドキュメンタリーNEWSICAL。

月1で少プレもある。

振り返るとテレビからNEWSの歌声がたくさん流れた1年だった。

お茶の間にNEWSの歌の良いところがたくさん伝わっていたら嬉しい。彼らの出演に胸躍らせることはとても幸せ。1年を通して様々な楽曲を生歌披露する機会に恵まれたことは大きな成果だ。

何よりお茶の間に向けて披露できる『weeeek』というNEWS最大のヒット曲は武器だ。ファンは何度も聴いているから「またか」と思うかもしれないけれど、NEWSメンバー個人を知らなくてもこの曲を知っているという人は多いはず。誰もがテンションをあげて明るくなれる楽曲があるのは強み。この曲を歌っているのはこんなグループなんだと興味を持ってもらえたら。weeeekはNEWS6人体制時代のヒット曲。

今のNEWSもweeeekと並ぶ、いや超えるようなヒット曲に巡り会えますように。

彼らを知らなかった層や、注目していなかった層が少しでも彼らの歌に興味を持ってくれたなら良い。

彼らは基本的に歌番組に生歌で挑む。

キラキラのアイドルソングも歌うけれど、時に吠えるように、叫ぶように歌うこともある。バラードは切なさの塊だ。

歌声を武器にするために彼らは表現力をグレードアップして磨きをかけてくれる。メンバー全員、確実にデビュー時から歌唱力と表現力が成長している。

NEVERLANDツアーで着用したカラフルで個性的な衣装の数々をあちこちで披露してくれ、NEWSの衣装を見るのも楽しみだった。次はどんな服装かなとワクワクした。増田君の生み出してくれる衣装の世界は素敵。

出演決定はスケジュール調整の都合もあるだろうが、オファー無くしては成り立たない。テレビ局の関係者さんに音楽特番にNEWSを呼びたいと思ってもらえたということだ。事務所が出演グループを決めたとしても誰かがNEWSを選んでくれたことに変わりはない。

彼らは音楽特番に当たり前のように出演してきたわけではない。ほとんど呼ばれない時期もあった。ジャニーズだから絶対に出演できる仕組みではない。ジャニーズ枠があったとしてもそこに入れてもらわねばならない。事務所にはたくさんのグループが所属している。

2017年、これだけの歌番組に出演出来たのは彼らの歌が評価されてきた証であり、事務所も彼らの歌声を全面に推してくれていたからと信じている。

 

2018年1月17日。

NEWSの2018年第1弾シングルがリリースされる。

『LPS』はLove・Peace・Smileの頭文字。

何と彼らにピッタリだろう。

FNS歌謡祭でも披露された彼らが作り出したミュージカル・NEWSICALのスペシャルソングでもある。カップリングにNEWSICALそのものも収録される。加藤君が作詞している。

ハートフルで温かく、キャッチーな楽曲。どこかクリスマスソング風に聞こえるのはNEWSICALがクリスマスをテーマとしたものだったからだろう。何度も聞いているとクリスマスソングの概念に囚われず、優しく背中を押してくれる応援歌に聞こえてきた。

泣いたって笑ったって明日はやってくるからと温かい歌声が包んでくれる。

今のNEWSだからこその背伸びをしない雰囲気。優しく強い応援歌。

LPSはジャケット写真が凄まじく格好良い。

白くてキラキラしているNEWSのパブリックイメージと対極にいる、クールで少し悪そうな雰囲気。ジャケットと楽曲とのギャップも攻めていて面白い。思わずジャケ買いしそうな格好良さ。

増田君は最近NEWS全員が30代に突入したからこその魅力を繰り返しアピールしている。NEWS全員が30代に入り、大人になったからこその魅力、その魅力を活かせる仕事をしていきたいと。

とても頼もしく、楽しみ。

2018年もNEWSが歌番組でたくさん素敵な歌声を響かせますように。

たくさん活躍する場がありますように。

 

手越君がジャニーズWebのNEWSの連載コーナーでファンに向けてメッセージをくれた。現状を打破するために彼なりに戦ってくれていることが良く伝わる。

ファンに会う機会を増やすために、リリースを増やすために嫌われ役を引き受けてでもという心意気も感じた。

頼もしいし嬉しい。

ファンが彼らに会いたいと想うように、彼らもファンに会いたいと想ってくれていることも嬉しい。

でも。

どうか抱え過ぎず、全てをひとりで引き受けずにファン皆で戦わせてほしい。手越君は強いけど、その分繊細な人だろうから。

多くのファンの声は同様だった。

戦う時はメンバーと一緒にファンも。

U R not alone。

あなたは一人じゃない、だもの。

NEWSファンは力を合わせると更に強くなれる。微力な自分も15周年に向けたアニバーサリーイヤー。一緒に盛り上げていきたい。